病気があると住宅ローンの団信には入れない?

低金利が続いている現在は住宅ローンを組むには最適と言えますが、健康状態に不安をお持ちで団体信用生命保険(団信)の審査(告知)を気にして、住宅ローンの申し込みに踏み出せない方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、ご安心ください。

最近は持病をお持ちで一般の団信に加入できない方が利用できる団信を扱う金融機関も増えてきました。

こちらではそうした健康状態への不安を抱える方や将来の万一の事態に備えたい方のために、団信が充実した住宅ローンをご紹介します。

ワイド団信と特約付き住宅ローン

住宅ローンの借主が死亡したり、重度の障害で働くことが困難になったりという万一の事態に生命保険金から住宅ローンの残額を返済する仕組みが団信です。

基本的に住宅ローンを利用する際は団信への加入が必須です。

団信についての基本的な内容は以下の記事でご説明しているのでご覧ください。

icon 住宅ローンの団体信用生命保険とは何か?その審査内容は?

団信は生命保険ですから、通常、健康状態に不安がある場合は加入が認められません。

ですが、団信の告知事項の中には高血圧のような比較的ポピュラーな病気も含まれていて、当然そうした病気を患う方々にも住宅ローンのニーズは多いのです。

ワイド団信(引受条件緩和型団体信用生命保険)

そうしたニーズに応えるべく登場したのが、「引受条件緩和型団体信用生命保険(ワイド団信)」です。

ワイド団信なら、住宅ローン金利に多少の上乗せ(0.1%~)をすることで、健康上の理由で一般団信に加入できない方も利用できます。

ワイド団信も告知と審査がありますが、従来よりも引受範囲が拡大されているため、健康状態に不安のある方でも住宅ローンを利用できる可能性が高まります。

後ほどご紹介するようにその引受実績は多岐にわたります。

そのため、健康上の問題で住宅ローンをあきらめかけている方にはぜひとも利用していただきたい仕組みです。

保障範囲を拡大した特約付き住宅ローン

また、将来の万が一の事態に備え、保障範囲を拡大した特約をつけた住宅ローンも増えてきています。

特約の内容は、がんや3大疾病(がん・脳卒中・急性心筋梗塞)、さらに4~5大疾病(高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎)の保障を加えたものなどがあります。

保障範囲を拡大した特約付きの住宅ローンを利用する場合もワイド団信と同じように通常は金利の上乗せが必要になりますが、金融機関によっては追加負担がないものもあります。

こうした保障範囲を拡大した疾病保障特約付き住宅ローンを利用する際は住宅ローンの申込時に選択することが必要です。住宅ローンの実行後に切り替えることはできませんのでご注意ください。

団信や特約が充実した住宅ローンは?

団信や特約が充実している住宅ローンを扱う金融機関には、住信SBIネット銀行などがあります。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は「ネット専用住宅ローン(三井住友信託銀行)」や「ミスター住宅ローンREAL」といった住宅ローン商品を販売しています。

こうした住宅ローンの一般団信には8疾病保障と8疾病以外の病気や・ケガも加えた全疾病保障が負担なしで付いています。

住信SBIネット銀行の8疾病とは、3つの特定疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)と5つの重度慢性疾患(高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎)です。

住信SBIネット銀行「ミスター住宅ローンREAL」については以下の記事で詳しくご説明しているのでご覧ください。

icon ミスター住宅ローンREALは低金利と住宅ローン相談の最強イイトコどり!