「モゲチェック」の評判とデメリットは?

住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」で好評を得たMFSが新たにスタートしたオンライン型住宅ローン借り入れ・借り換えサービス「モゲチェック」

モゲチェック・プラザのメリットはそのままに、利用者の方に最適な住宅ローンの借り入れ・借り替えが、さらに簡単にできるようになりました。

こちらでは、オンライン型住宅ローン借り入れ・借り換えサービス「モゲチェック」のサービス内容や評判についてご説明します。

この記事は、以前公開していた「モゲチェック・プラザ」に関する2つの記事「モゲチェック・プラザの評判は?住宅ローン借り換えを任せられるって本当?」「モゲチェック・プラザのデメリットは?」をMFS社の新サービス「モゲチェック」開始に合わせて更新し、新たに公開した記事です。

モゲチェックなら最も良い条件で借り入れ・借り換えできる

モゲチェックのページ
画像元:モゲチェック

モゲチェックは、現在住宅ローンを利用しているあなたにとって、最も有利な金利や条件での住宅ローンの借り入れ・借り換えができるサービスです。

手続きはすべてインターネット上のオンラインで完結、ローン実行までの期間は最短1ヶ月で完了します。

モゲチェックの利用方法

モゲチェックを利用しするには以下の3つのステップで行います。

STEP.1:No1金利診断(無料)

まず、以下のモゲチェック公式ページから無料のNo1金利診断を受けます。

モゲチェック

入力項目は以下4つだけと少ないので手間はかかりません。

  • 住宅ローン残高
  • 最終返済年月
  • 現在の金利
  • 現在の金利タイプ(変動、固定などを選択)

次に利用規約に同意してプロフィールを入力すると、 最短翌営業日に金融機関の事前審査結果を踏まえ、No.1金利に借り換え可能か診断結果の連絡があります。

No.1金利とは、モゲチェックを運営するMFS社が収集する全国124の金融機関の変動金利型の住宅ローン金利で最も低い金利のこと。つまり、あなたにとって最も有利な借り換え金利ということです。

STEP.2:借り換え(借り入れも含む)

No.1金利の金融機関での借り換えを決めたら、借り換え申し込みを行います。

金融機関との交渉や必要書類の収集をモゲチェックが代行してくれますから、忙しくて金融機関に行く時間が取れない方も心配ありません。

金融機関への借り換え申し込み後、最短2週間で借り換え成功です。

No.1金利での借り換えが成功したこのタイミングで、モゲチェックへの手数料が発生します。

もちろん、借り換えに成功しなければ手数料は必要ありません。

STEP.3:35年安心サポート(無料)

モゲチェックは住宅ローンの借り替えが成功したら、それでサービスが終わり、というわけではありません。

モゲチェックを運営するMFS社が独自に開発したローン管理ツールで完済までしっかりとサポートてくれるので安心です。

完済まで毎月ローンに関するアップデート情報も教えてくれます。

No1金利で借り換えできなかった場合は?

最も有利な金利での住宅ローンの借り替えが、オンライン上の手続きだけで完結するモゲチェック。

しかし、住宅ローンの借り替えには審査があるので、残念ながら必ずNo1金利で借り換えができるとは限りません。

モゲチェックでは、そうした場合はどうなるのでしょうか?

万が一、No1金利での借り換えができない場合は、No.1金利ではありませんが、モゲチェックが全国700の金融機関の中からNo1金利の次にベストな借り換えプランを提案してくれます。

このサービスは、MFS社が運営してすでに大きな実績をあげている住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」と同等のものと考えて良いでしょう。

金利は最低ではないものの、No1金利の次に低い金利で、MFS社の優れた住宅ローンコンサルタントが選んだ借り換えプランを検討することができます。

モゲチェックの料金は?

住宅ローンの借り換えの交渉を一手に引き受けてお得な金利までを引き出してくれるモゲチェックですが、ここまでくると気になるのはその利用の料金です。

モゲチェックの料金は、元本の0.5%(下限10万円~上限50万円・税別)の成功報酬制です。

成功報酬制なので、モゲチェックのサービスを利用した料金を支払うのは、借り換え先の金融機関から審査承認を得て融資が実行された後になります。

成功報酬制ですから、サービス利用の契約時に料金を前もって支払う必要はないということです。

住宅ローンの借り換えができたら、料金を支払うシステムですね。

上限と下限がハッキリしていて料金も明解ですし、これはとても良心的な料金システムではないでしょうか。

モゲチェックの評判は?

サービス開始して間もないモゲチェックですが、すでにいくつかの利用ケースから出ている評判をご紹介しましょう(オレンジ太文字は当サイトによるもの)。

同じ変動でもマイナス352万円
変動1.474%から0.457%へ、より低金利に借り換えられたことで、総支払額を大幅削減できました。(男性)

フラットから変動でマイナス631万円
1.37%→変動0.525%に借り換え、変動金利への不安も、モゲチェックの丁寧な説明で解決されました。(女性)

毎月返済額がマイナス3万円
返済期間を延長できる銀行へ借り換えをしたことで、日々の家計がぐっと楽になり、教育費用をまわすことができるようになりました。(男性)

投資用物件でマイナス256万円
3.500%→1.875%への借り換えに成功。個人での申込みでは取扱いしてもらえなかったが、モゲチェックが独自のルートで借り換え先を選定。利回り改善につながりました。(男性)

引用元:モゲチェック

簡単な無料のNo1金利診断から開始して短期間で住宅ローンの借り替えに成功した方たちからの満足度は非常に高そうですね。

モゲチェックのデメリットは?

悩む女性

ここまでメリットが多いモゲチェックですが、良い話ばかりでは、むしろ不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、このサービスの特性からデメリットと考えられることを、「確実性」「手間」「診断方法」の3つの観点で検討してみましょう。

確実性:必ず借り換えができるのか?

1つ目は確実性の観点です。

確実性とは、モゲチェック利用者の希望どおりに住宅ローン借り換えが成功するかどうかという意味です。

モゲチェック利用を検討する方が一番気になる点だと思いますが、残念ながら、モゲチェックを利用したら必ず借り換えが成功するとは限りません。

モゲチェックでは、住宅ローン専門のプロが利用者に最適な借り換え先の金融機関に申し込みをしてくれますが、最終的に借り換え可能か判断するのは申込先の金融機関です。

例えば、利用者の方に他の借入金があったり、他の借金で延滞の記録があったりなど、そもそも住宅ローン審査に通らない場合はもちろんのこと、その他にも様々な事情から借り換え申込先の金融機関の審査に通らないことはありえます。

モゲチェックの料金は成功報酬ですから、借り換え先の金融機関の審査に通らない場合は料金は発生しません。

ですが、借り換え自体が成功しなければ、利用者の方にとってのデメリットとなります。

ただし、借り換えできない場合があるからと言って、それがすべてモゲチェックのデメリットかと言えば、そうではありません。

モゲチェックの経験豊富な住宅ローン専門のプロが申し込んで審査に通らない、借り換えができないということは、もともとその借り換え自体が難しい案件だったと考えられます。

そうした案件はモゲチェックを利用しても、利用しなくても借り換えが成功した可能性は低かったということです。

そのため、確実性についてはモゲチェックのデメリットというよりも、住宅ローンの借り換え自体につきもののデメリットと言えます。

むしろ、住宅ローンの専門家がサポートしてくれる分だけ、利用者個人で住宅ローン借り換えを進めるよりもモゲチェックの方が確実性は高いと考えて良いでしょう。

特に普段忙しくて住宅ローン借り換えの時間が取れない方の場合はモゲチェックを利用することで借り換えができる可能性は高まります。

手間:依頼したら後は何もしなくてもOKか?

2つ目は利用者の方の手間の観点です。

住宅ローンの借り換えでモゲチェック利用者の方ご自身でやることがある場合は、それをデメリットとお考えになる方もいらっしゃるでしょう。

モゲチェックでは、無料のNo1金利審査後にサービスの契約をすれば、本審査申込までは基本的に任せておくことができます。

ですが、無事に希望の金融機関の借り換え本審査に通過したら、本審査後の連絡や手続きはご自身で進める必要があります。

具体的には現在住宅ローンを借りている金融機関の一括繰上返済の手続きと、借り換え先金融機関への借り換える旨の連絡を利用者ご自身が行います。

こうした手続き等を申込者ご自身が進める手間はデメリットと言えるかもしれません。

とはいえ、借り換えで最も時間と手間がかかるのは借り換え先銀行の選定で、ここはモゲチェックが引き受けてくれます。

そのため、本審査が終わってしまえば、利用者の方が戸惑ったりストレスを感じることはほとんどないでしょう。

診断方法:まず対面で診断して欲しいんだけど?

3つ目は、診断方法の観点です。

モゲチェックを利用するには、まず無料のWeb診断(No1金利診断)を受ける必要があります。

Web診断はインターネットにつながりさえすれば、どちらの地域にお住まいでも利用できるのですが、対面で診断して欲しい方にとってはデメリットとなります。

住宅ローンの借り入れや借り換えは高額のお金を長期間借りる検討をするわけですから、対面で色々と専門家に相談して、診断してもらいたいという方のお気持ちもわかります。

ですが、Webでの無料診断でも、モゲチェックがあなたに最適な借り換え内容の提案をしてくれることに変わりはありませんから心配はいりません。

デメリット検討の結論:最初の診断方法にはデメリットの可能性あり

モゲチェック利用のデメリットの可能性について、「確実性」「手間」「診断方法」の3つの観点で検討しましたが、3つの観点のうち、確実性と手間については、いずれも借り換えを1人で行う場合と比べても神経質になるほどのデメリットとは言えないでしょう。

診断方法については、最初に対面で診断をご希望される方は残念ながらモゲチェックの利用は難しそうです。

しかし、上記に当てはまらない方はモゲチェックの利用にデメリットは見当たりません。

ぜひ、モゲチェックを利用して、借り入れ・借り換えに成功した場合の大きなメリットを最大限にご活用ください。

モゲチェックを利用するには

モゲチェックを利用するには、まずNo1金利診断(Web診断)から始めます。

No1金利診断は無料で利用できます。

以下の公式サイトからNo1金利診断ができます。

モゲチェック