auじぶん銀行住宅ローンの審査基準が知りたい!

auじぶん銀行住宅ローンに申し込む方が一番気になるのは、本審査の基準ではないでしょうか。

つまり、ご自分がauじぶん銀行住宅ローンに申し込んで果たして審査に通るのかどうかです。

インターネット上ではauじぶん銀行住宅ローンの審査基準を説明しているサイトも見かけますが、それらは本当に本審査に通るための基準なのでしょうか。

こちらではauじぶん銀行住宅ローンの本審査に通るための基準についてご説明します。

よく見かけるauじぶん銀行住宅ローンの審査基準

建築模型と女性

auじぶん銀行住宅ローンについて解説しているサイトなどで審査基準としてよく見かけるのは、例えば以下のような内容ではないでしょうか。

  • auじぶん銀行に円普通預金口座を持っていること
  • 申込時の年齢が満20歳以上満65歳未満で、最終返済時が満80歳の誕生日まで
  • 前年度の年収(自営業の場合は申告所得)が200万円以上
  • auじぶん銀行が指定する団体信用生命保険に加入できる
  • 借入対象物件にauじぶん銀行を第一順位の抵当権を設定可能
  • 日本国籍、または永住許可を受けている外国籍
  • auじぶん銀行が定める借入条件に該当する

上記の内容は、auじぶん銀行住宅ローンサイトの商品詳細説明書に記載されている「ご利用いただけるお客様」の内容です。

これらは「auじぶん銀行住宅ローンを利用してもいいですよ」という条件に過ぎません。

つまり、auじぶん銀行住宅ローンの審査基準としてよく見かける上記はauじぶん銀行住宅ローンの審査に通るための基準ではありません。

ですから、年齢や前年度の年収が上記の内容を満たしているからと言って、それでauじぶん銀行住宅ローンの本審査に通るわけではないのです。

もちろん、上記の各内容が重要ではないということではありません。

特にauじぶん銀行住宅ローンの申込から審査、そして契約まででは、「auじぶん銀行に円普通預金口座を持っていること」や「auじぶん銀行が指定する団体信用生命保険に加入できる」は重要な内容ではあります。

上記の「ご利用いただけるお客様」の各内容はauじぶん銀行住宅ローンを利用するための大前提とお考えいただくのがよいでしょう。

auじぶん銀行住宅ローンの審査基準は公開されていない

さて、インターネット上で探してみても、auじぶん銀行住宅ローンの審査に通る基準や条件について説明しているサイトはほぼ見かけません。

それもそのはずで、auじぶん銀行は住宅ローン審査の基準を明らかにしていません。

インターネット上の口コミも注意!

また、インターネット上の口コミでは、auじぶん銀行住宅ローンの審査は厳しいとか、反対にauじぶん銀行住宅ローンの審査は甘いなどと色々な情報が飛び交っています。

ですが、そのような口コミはあまり真に受けない方がよいです。

口コミを見るのはかまいませんが、あくまで参考にとどめておくようにしましょう。

auじぶん銀行住宅ローンの口コミで、審査に通ったとか、審査に落ちたとか書かれているものと同じ条件ならば、必ず他の人も同じ結果になるのかといえばそんなことはありません。

口コミそのものに借入者のすべての条件が書かれているとは限りませんし、なによりも住宅ローン申込者の条件や事情というものはそれぞれ違っていて完全に同じということはそうそうありえません。

特に、他人が審査に落ちた口コミを真に受けて、あなたがauじぶん銀行住宅ローンの申込をあきらめてしまうのは、優れた住宅ローンを利用する機会を失う大変もったいないことです。

auじぶん銀行住宅ローン審査に通る基準は?

ポイントを上げる女性

審査基準が明らかになっていないauじぶん銀行住宅ローンですが、本審査で何が重視されているかを推測することは可能です。

auじぶん銀行住宅ローンの本審査で何が重視されているかを推測するには、一般に金融機関の住宅ローン本審査が何のために行われるのかを考えることです。

金融機関が住宅ローンの本審査を行うのは、以下を判断するためです。

  • 申込者が安定的に住宅ローンを返済して完済することが可能かどうか

金融機関の住宅ローンの本審査は常にこの観点で、個々の申込者の状況をしっかりと判断しています。

これは、auじぶん銀行住宅ローンも例外ではないでしょう。

職歴書から推測するauじぶん銀行住宅ローン審査の基準

この観点で考えると、auじぶん銀行住宅ローンの審査で重視されていることの1つが推測できます。

そのヒントはauじぶん銀行住宅ローンの本審査で提出する職歴書にあります。

auじぶん銀行住宅ローンの本審査では、転職して3年未満の方は職歴書の提出が求められています。

この職歴書には学校卒業後のすべての職歴(現職も含む)について、転職前の勤務先名とその業種、転職前勤務先の住所、勤務期間、そして転職理由を記入しなければなりません。

職歴書は転職後3年未満の方が出すということは、見方を変えると、同じ勤務先に3年以上勤務している方は職歴書を提出する必要がない、ということになります。

これは先ほどご説明した一般の住宅ローン本審査の観点で見れば、auじぶん銀行住宅ローンの本審査では、「3年以上同じ勤務先に勤めていること」により、収入を安定して得ていると判断している、と考えられます。

申込者の収入が安定していることは、住宅ローンの安定的な返済につながります。

つまり、auじぶん銀行住宅ローンの本審査が勤続年数と勤務状況について重視している条件は以下と推測できます。

  • 3年以上同じ勤務先に努めていること

この推測による上の条件ですと、転職したばかりの方はauじぶん銀行住宅ローンの本審査では慎重になった方がよいかもしれません。

また、転職して1~2年の方は提出する職歴書に、その転職が年収増加のステップアップしたものであること、転職先が安定した企業であることなどを記載する必要があるでしょう。

もちろん、事実と違うことを記載するのはダメですよ。

上記で見た職歴書など、auじぶん銀行住宅ローンの本審査で必要な提出書類については以下の記事にまとめています。

icon auじぶん銀行住宅ローン審査の期間は?提出書類は?

auじぶん銀行住宅ローン本審査に通るための7つの基準

上で推測した勤続年数と勤務状況の条件のほかに、さらにauじぶん銀行住宅ローン本審査に通るための基準を推測するためには、一般の住宅ローン審査で重視されている条件もしっかりと押さえておきましょう。

一般の住宅ローン審査で重視されるのは、住宅ローン申込者に事故情報(例.過去に借金を期日までに返せなかった記録)がないか、すでに他から大きな金額の借り入れがないか、物件の担保価値が低くないか、収入に対して住宅ローン返済額の比率(返済比率)が高すぎないか、などの点です。

一般の住宅ローンの審査については以下の記事で詳しくご説明していますので、気になる方はこちらもご覧ください。

icon 住宅ローンの審査を理解する!通らない時はどうする?

さて、こうした条件をまとめると以下の7つの条件になります。

条件を並べている順番に大きな意味はありません。それぞれ重要な条件です。

  1. 3年以上同じ勤務先に勤めていること
  2. 転職している場合は、収入が増えたステップアップした転職であること
  3. 過去に借金の延滞など、いわゆる事故情報がないこと
  4. 住宅ローン以外に金額の大きな借金がないこと
  5. キャッシング機能付きのクレジットカードを何枚も持っていないこと
  6. 物件の担保価値が低くないこと
  7. 収入に対して希望借入額が多くないこと(返済比率が高くないこと)

この7つの条件をauじぶん銀行住宅ローンの本審査で通るための7つの基準と考えていただくのがよいでしょう。

まとめ

auじぶん銀行住宅ローンの本審査の基準についてご説明しました。

auじぶん銀行住宅ローンを利用してよい条件と、auじぶん銀行住宅ローンの本審査に通るための基準とは別です。

上でご紹介した本審査に通るための7つの基準に照らし合わせて問題がない方は、早速auじぶん銀行住宅ローンの公式サイトで仮審査申込から始めましょう。

auじぶん銀行