住宅ローン借り換えが忙しくてできない人はどうしたらよいか?

お勤めをされている方は、忙しくて平日の日中に住宅ローン借り換えのために金融機関へ行く時間はなかなか取れないものです。

低金利が続く今は2~3年以上前に住宅ローンを借りた方にとっては絶好の借り換え機会ですが、このまま借り換えができないとみすみす絶好の機会を逃してしまうことになります。

そうした忙しいけれども住宅ローン借り換えを希望する方に最適な方法があります。

こちらでは住宅ローンの借り換えが忙しくてできない方の解決法をご説明します。

忙しい場合の住宅ローン借り換え方法は?

忙しくて悩む女性

まず最初に、平日に仕事でお忙しい方が住宅ローン借り換えをするには、どのような方法があるのか考えてみましょう。

方法1.何とか休みを取って銀行店頭で借り換え

1つ目の方法は、忙しい中でも何とか平日に休みを取って銀行の店頭に行って借り換えを行う方法です。

一般に住宅ローンの借り換えをする場合はこの方法が多いでしょう。

この方法の場合は、事前に以下を行っておく必要があります。

  • どこの銀行に借り換えを申し込むのか情報収集
  • 銀行ごとの借り換えメリットを検討
  • 借り換え候補の銀行を絞り込む

こうした情報収集やメリットの検討などはお忙しい中でご自身でやらなれければなりません。

そして、そもそも、そんなに簡単に平日に休みはとれない、さらに銀行に手続きなどのために何度も足を運ぶのは無理ということもあるでしょう。

お忙しい方には現実的な方法と言えそうにありません。

方法2.ネット銀行で借り換え

2つ目の方法は、インターネット銀行(ネット銀行)で住宅ローンの借り換えをする方法です。

ネット銀行なら平日の日中でなく、夜や休日などでも住宅ローン借り換えの申し込みが可能です。

ネット銀行はほとんどの手続きがインターネット上でできるので、お忙しい方が借り換えをするにはこの方法が良さそうに思えます。

方法1に比べると現実的で、実際に平日お忙しい方々はこのネット銀行での借り換えを利用していることが多いでしょう。

ただし、この方法の場合も方法1と同じように、どの銀行で借り換えするかはご自身で調べる必要がありますし、金利差などによる借り換えメリットの判断はご自身でしなければなりません。

ご自身で十分な時間をかけて判断できれば良いですが、そうでない場合は、住宅ローンの借り換えとしてベストな選択ができるとは限りません。

これらの方法では、あまり現実的でなかったり、借り換えされる方ご自身でやることが多すぎて、お忙しい方が住宅ローンの借り換えをするためのベストな解決策とはなりません。

住宅ローン借り換え代行を専門家に頼めるとしたら?

住宅ローン借り換えを住宅ローンの専門家に代行してもらう方法があるのをご存じでしょうか。

最近、お忙しくてご自身ではなかなか住宅ローン借り換えに踏み切れない方を中心に住宅ローン借り換え代行サービスの利用が広がっています。

住宅ローン借り換えの代行サービスとは、住宅ローン借り換えをするご本人に代わって面倒な作業や手続きを代行してくれるサービスです。

例えば、以下のような作業や手続きを代行してくれます。

  • 住宅ローン借り換えのメリット計算
  • 借り換え先金融機関の選定や交渉
  • 必要書類の手配のサポート
  • 金融機関への借り換え申し込み

代行サービスなら、利用者の方が何度も足を運んだりする必要はありません。

また、代行サービスが優れている点の1つに住宅ローンの専門家が最適な借り換え先とプランを提案してくれることがあります。

金融の知識があらかじめ豊富な方であれば別ですが、一般に住宅ローンを利用する私たちは金融や住宅ローンについて詳しく知っているとは言えません。

そうした状況で私たちが住宅ローン借り換えのメリットの計算をしたり、金融機関の借り換えプラン同士を比較・検討したりするのはとても難しいことですし、ベストな借り換え先を選ぶことは至難のわざと言って良いでしょう。

この困難な作業を私たちに代わって専門家が引き受けてくれるのですから、心強いのはもちろん、大変なメリットです。

住宅ローン借り換え代行サービスを選ぶポイントは?

ポイントをあげる女性

忙しくて住宅ローン借り換えができない方が住宅ローン借り換え代行サービスを選ぶポイントをご説明します。

ポイント1.住宅ローンのプロがスタッフか

先ほどご説明したように、住宅ローン借り換え代行サービスを依頼するメリットは、面倒な手続きを頼めるのはもちろんですが、もう1つの大きなメリットは住宅ローン専門家による最適な借り換えプランの提案です。

こうした提案は、過去に金融機関で実際の住宅ローン業務の経験がなければ利用者の方が納得するベストな提案はできません。

そのため、住宅ローン借り換え代行サービスを選ぶ際には、スタッフが住宅ローン業務や不動産業務でしっかりと経験を積んだプロかどうかを確認してください。

それから、そうしたプロのスタッフが対応してくれるサポートの内容使い勝手はどうかもあわせて確認しましょう。

例えば、土日も対応してくれそうか…などといったことです。

ポイント2.住宅ローン借り換えの実績は十分か

2つ目のポイントは、住宅ローンの借り換えによる実績です。

この実績とは、サービスの利用者に借り換えでどれくらいのメリット(負担の削減額)をもたらしたかという実績です。

例えば、借り換えサービスの利用で、利用者に1,000万円の削減を実現したとか、サービス利用者の平均の削減額はどれくらいか、という具体的な負担削減の金額です。

こうした実績が削減額だけでなく、具体的な事例とともにホームページなどに記載されているサービスを選ぶようにしましょう。

この場合の具体的な事例では、住宅ローンの借り換えで削減した案件の課題や工夫した点なども記載されていれば、より信頼性が増します。

ポイント3.手数料は分かりやすいか

3つ目のポイントは、サービスを利用した時の料金(手数料)です。

代行サービスを利用した時の料金はいくらか、そしてどのような料金体系かが明確にホームページで説明されているサービスを選ぶのが安心です。

最近では成功報酬制の代行サービスも増えてきましたが、成功報酬制の内容そのものをきちんと説明しているサービスを選ぶようにしましょう。

特にホームページなどで代行サービスのメリットばかり説明していて、手数料についてほとんど触れられていないサービスは避けた方が無難です。

住宅ローン借り換え代行サービスを選ぶ時には、これら3つのポイントに注意して選ぶようにしてください。

今注目の住宅ローン借り換え代行サービス

住宅ローン借り換え代行サービスの中で今注目を集めているのはオンライン型住宅ローン借り換えサービス「モゲチェック」です。

モゲチェックは、最近話題の金融IT技術のフィンテック(Fintech)を活用して住宅ローンコンサルティングサービスを展開している株式会社MFSが2016年から開始したサービスです。

サービス開始は最近ですが、細かな点までサポートしてくれるサービスと確かな実績をあげていることで、最近利用者を増やしています。

先ほどご説明した代行サービスを選ぶポイントからモゲチェックをご説明しましょう。

モゲチェックのスタッフは?

モゲチェックのスタッフは全員が大手金融機関などでの住宅ローン業務や不動産関係の業務などの豊富な知見を持っている本物の住宅ローンのプロフェッショナル(住宅ローン専門の金融コンサルタント)です。

そのため、モゲチェックのコンサルタントは金融機関から住宅ローン借り換えの最低金利を引き出すといった突っ込んだ交渉もできるんですね。

このモゲチェックの専門のコンサルタントが、住宅ローンを借り換えた場合のメリット計算から、借り換え方法の提案、現在借りている金融機関との交渉、そして借り換え先の金融機関の選定、さらに借り換え申込まで、住宅ローン借り換えをすべてまとめて面倒を見てくれます。

モゲチェックの実績は?

2016年サービス開始と新しいモゲチェックですが、すでに実績が続々と上がってきています。

中には総額で1,000万円以上の支払額の削減に成功したケースも出ています。

モゲチェックの料金は?

モゲチェックの料金はNo.1金利に借り換えが成功した場合は、手数料無料です。

以前のモゲチェックは借り換えに成功した場合にのみ手数料が発生する成功報酬制(下限25万円)の手数料システムでしたが、2020年からNo.1金利に借り換え成功の場合は手数料無料になりました。

モゲチェックのサービス内容や評判、料金システムなどは以下のページでさらに詳しくご説明しています。

icon 「モゲチェック」の評判とデメリットは?

モゲチェックを利用するには

モゲチェックを利用するには、まず無料申し込みから始めます。

以下の公式サイトからモゲチェックの申し込みができます。

モゲチェック